レプログ

lepto's blog

四国遍路88ヵ所めぐり 今年は逆打ちに挑戦の年

      2017/05/29

暖かくなってきて良い季節が巡ってきました。外出したくなる気候です。

 

四国の88ヵ所めぐりでは1番の札所(お寺)から88番まで順にめぐっていくとご利益があるとのことで、何か悩みが出来たり壁にぶつかったりしたからとか、またまた、趣味や観光でめぐっている人も多くいます。

お大師さま(弘法大師空海)がいまでもめぐっているとの伝説があり、めぐっているときは「同行2人」といって大師さまと一緒にめぐるつもりでめぐるそうです。

 

今年は4年に一回のうるう年です。うるう年では1番からではなく、88番から逆にまわること、逆打ちと呼ばれているようですが、これをするとご利益(りやく)が普段の3倍になるそうです。遍路道なども1番から順にめぐることを前提に整備されているので、逆に回るのは難易度があがるので、より大きな困難を克服することでご利益(りやく)があるのです。

しかも、逆打ちではお大師さまが1番から順にめぐっている(順打ちをしている)ので、お大師さまに出会えるチャンスが多いという言い伝えもあります。

 

私事ですが、私は最近体調を崩してしまっているので、健康祈願にめぐってみようかと思いつきました。88ヵ所めぐりの手段はいろいろで、徒歩、自転車、バイク、車などこれといった決まりは無いようです。徒歩や自転車は今の自分には難しいですし、バイクは教習所以外で乗ったことが無いので、私がめぐるとしたら自家用車でということになりそうです。健康には問題がありますが、幸いにも車の運転には支障がない程度なのです。

 

車に乗ってナビを使いながらではご利益も半減しそうな気もしますが、車は車で、狭い道を気を付けて通らなければならなかったり、駐車場の空きがあるかどうか、気にしなければいけません。道も初めて通る道がほとんどだと思うので事故を起こさないよう気を付けなければなりません。これはこれで困難を克服する必要があるように思います。もしご利益(りやく)半減でも、今年逆打ちすればご利益(りやく)3倍なので、減った分、埋め合わせが出来そうです。

 

私の住んでいるところからは、日帰りで行ける札所(お寺)もあるので、行けるところは日帰りで巡って、遠いところは2~3泊の小旅行を何度かしたらめぐれるかな、とも考えています。

 

残念ながら妻はプロテスタントの教会に通っているので、興味は無いようです。もし行くとすれば一人旅になりそうですが、考えるだけでワクワクしてきました。

 - 健康, 行ったところ