レプログ

lepto's blog

妻に就業不能保険への加入を勧めました

   

私はもうすぐ退職する予定ですが、家計への協力が出来なくなるわけではなく、一定額毎月妻に渡す予定です。それが出来る見込みが立ったので退職という選択をしたのですが、妻は不安に感じているようです。

妻も働いていて家計の一定割合を担ってくれていますが、私の分の収入が大きく減ることで余力がなくなるので、何かあった時に私に頼れないと思ったのかもしれません。「私が病気になったらどうするの?」と聞かれてしまいました。私は仕事を辞めても家計へ繰り入れるだけの余力がありますが、妻の方はそれだけの余裕が無いのかもしれません。夫婦なのに私は妻の預貯金の額や加入している保険の詳細は知らないのです。

妻はしがみついてでも今の仕事を定年近くまで続けると言っていますが、病気で働けなくなったことのことを心配しているようです。

妻は保険にたくさん加入しているようなので心配ないものと思っていましたが、そんなに心配なら最近増えてきている、就業不能保険へ加入したらどうかと勧めてみました。すると、もう入っているとは言わず、これから加入すると言うではありませんか。

早速ライフネットで見積もりをしてみたら、月額2,000円くらいで加入できるようです。ただ、うつ病などの精神疾患は対象外とのことです。

私も入院する前は就業不能保険の存在を知らなかったので加入していませんでしたが、もし加入していたら何らかの保障を受けられたかもしれないと思うと悔やまれることでした。まあ、精神疾患は対象外なので私の場合は、病名をもらっていないとはいえ、掛けていても何も出なかったかもしれません。

私が退職することで、妻の仕事の重要さが増してしまうので、そのことで生じる不安を解消するためにも、妻が働けなくなった時の備えは要るでしょう。万が一のことに備えておくべきかと思います。

 

ランキングに参加しています。よろしかったらクリックして応援をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

 - 新商品・新サービス